老朽化した不動産はどうした方が良い?

老朽化した建物を持っている方、いらっしゃるのではないでしょうか?賃貸経営・売却どちらが良いのでしょうか? - 老朽化した建物はどうしたらいいの?売る?賃貸?安全性は?

老朽化した建物はどうしたらいいの?売る?賃貸?安全性は?

老朽化した不動産を持っている場合、その対応に困る事があります。
ななみ都市開発に相談する事はもちろんの事、建て替える費用やリノベーションやリフォームについてはどのように行ったら良いのでしょうか。
また、賃貸経営をするのと、売却をするのと、どちらが良いのでしょうか。

老朽化した建物の安全性について

老朽化した建物を中古で購入したり、相続した場合には、一番気になる事はその建物の安全性です。
ある程度古い建物は、近年の建物に比べて、耐震基準に沿った造りをしていないので、何らかの自然災害等があった場合には、甚大な被害が出てしまう可能性があります。
そうなれば、不動産としての価値は下がりますし、今後住み続ける事を考えても安全の確保の面では非常に厳しい状態となるでしょう。
仮にリフォームをしたとしてもその分の費用が掛かってきます。
木造の建物の場合、安全性の面においてはおよそ22年、鉄骨鉄筋コンクリートの建物の場合なら、47年と言う耐久年数が設定されています。
これらを参考にすると、中古物件で築20年の木造住宅を購入した場合には、法律によって住宅価値は評価されない他、安全性においては、非常に不安を覚える状態となっている事でしょう。

建て替えるのが良いのか、リノベーションやリフォームが良いのか

jytyd
老朽化した建物を自分のマイホームにしている場合は、予算等と相談しながら建て替え、リノベーション、リフォーム、いずれも選択する事が可能です。
しかし、賃貸にしている場合は少し事情が変わってきます。
賃貸にしていると言う事は、建物の所有者、つまり大家としてある程度の内容の契約をしている筈ですし、アパートであってもマンションであっても、人が住んでいる状態ではそう簡単に手出しする事が出来ません。
小さな子供がいるような場合でも同じです。
もしも、どうしても何らかの手を加えないと安全性に問題があると言う場合は、入居者と話をして、ある程度の保証をした上で行動しなければならないのです。
逆に入居者が居ない賃貸住宅を持っている場合は、自由にする事が出来ます。
建物の基礎から既に不備がある場合は建て替えを、まだ安全性には問題が無い場合はリノベーションを、その中間程度ならリフォームをする事がおすすめでしょう。
その建物の状態によって、これらは選択する事が望ましいのです。

相続した老朽化した建物を売却するのが良いのか、賃貸にするのが良いのか

相続するものは人によって違いがあります。
それが家であったり、土地であったり、その他の財産である事も珍しくありません。
もしも相続したのが老朽化した家だった場合、売却する方が良いのか、賃貸にする方が良いのか、少し迷うところです。
自分が現時点で住む部屋があるのであれば、売却しても賃貸にしても良いでしょう。
また、今後自分の家を建てる予定がある場合等は、売却する事でその資金を作る事も可能になります。
売却するのが良いのか、賃貸にするのが良いのか、どちらが良いのかは、自分自身の現在の状態によって判断する事も必要なのです。
判断基準として、建物の価値、土地の価値、立地条件等があり、それらを総合してどれくらいの価値があるのかを調べます。
ある程度立地条件が良いなら、賃貸にして、半永久的に家賃収入を得られるようにするのも一つの方法です。
立地条件があまり良くない場合は、建て替えをして自分が住むか、売却する方が良いでしょう。
こうした場合であっても、ななみ都市開発に相談する事が何よりだと思います。
的確なアドバイスを貰う事が出来ます。

不動産の値段や価値は毎年変動しています

例え相続した物件がマンションでもアパートでも土地の場合でも、不動産の価値や値段と言うのは毎年変動しているものです。
その為、賃貸にするにしても、売却するにしても、いつどのタイミングでそれを行うかによって、費用は格段に違いが出てきます。
現在の時点で老朽化した家を相続したとしても、数年後には近隣に大型スーパー等が出来る事が分かっているなら、賃貸にして自分は大家としてやっていけば良いでしょうし、今後廃れていくようであれば、少しでも値段の付くうちに売却してしまう方が良いでしょう。
その見極めが素人には難しいので、ななみ都市開発に相談する事がおすすめなのです。

老朽化した建物についてのまとめ

老朽化した建物の価値は、木造、鉄骨鉄筋コンクリートとそれぞれに決まっています。
あまりにも古い建物は耐震補強がされていない事がありますので、安全性を考えると何かしらの手を加える事が望ましいでしょう。
また、変化する不動産の価値を利用して、売却するか、賃貸経営をするか、と言う事も考えていて良いと思います。
立地条件や今後の住まい近隣の発展状況等を考えて、建て替えやリノベーション、リフォームを検討するのも一つの方法です。
建物の状態だけでは無く、様々な外的情報を総合的に考えて行動する事がおすすめです。

更新情報

ページ上に戻る