アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

とにかくコストが安い

マネックスを利用する価値は、取引手数料が安いということが一番でしょう。
マネックスのFXは、新規でも決算取引でも、インターネット取引に関しては無料です。
現物受渡決済も行なっており、このケースでの米ドルやユーロ、円といった通貨の場合、1000通貨単位につき200円の手数料が発生します。
ただしこれはFXスタンダードの場合であり、FXプレミアムの場合には1万通貨単位毎に2000円の手数料が発生するというシステムになっています。

他にもコンバーションと呼ばれる証拠金間両替取引に関しては提示価格に20銭を加減算して取引手数料が発生するシステムになっています。
また入金手数料もクイック入金であれば、無料ですし、出金手数料も日本円の出金は無料となっています。
こういったこを考えていくと、インターネットを使った通常のFXトレードを行なっていく上で負担になるようなコストは発生しないようなシステムになっています。

他にもトレーディングツールとして、ブラウザツールや携帯ツール。
マネックス独自のツールであるFX JOOなどの利用料も無料で利用をしていくことが可能です。
更に初心者には非常に役立つ専門家の分析レポートの閲覧や、各種為替関連のニュースなどの情報閲覧。
オンラインセミナーなどに関しても、全てが無料になっていますから、かなりコストは安く済みますね。

実質上のコストを抑えるためには

一般的にFX業者を選択する場合には、FXのトレード時における取引コストを考える必要があります。
これを考えない限り、やはり良質なパフォーマンスを実現させることは難しいのです。

マネックスは数多くあるFX業者の中でも、取引コストが非常に安いFX業者の業者として知られています。
他の業者の5分の1や10分の1といった取引コストでトレードを行うことが可能なのです。

ここでFX初心者の方に向けてポイントを説明すると、FX業者を選択する際には、手数料といった項目ばかりをチェックしていてはダメなのです。
手数料が無料といった所がほとんどですからね。
手数料にプラスして、スプレッドをその中に入れてFX業者を選択するようにしましょう。

マネックスの場合、米ドル円でスプレッドが2銭の場合で考えた場合、取引コストはたったの20円で済むことになります。
ただしこのスプレッドは変動するということを覚えておきましょう。

トレードを行うタイミングにもよりますし、通貨ペアでも違ってきます。
もちろんそれぞれの業者別によってもスプレッドは違っていますから、しっかりと覚えておきましょう。
事実上のコストはその時々によって変動することを忘れてはならないのです。

更新情報

2014-07-23
とにかくコストが安いの情報を更新しました。
2014-07-23
サイトマップの情報を更新しました。
ページ上に戻る